「眼の障害」に関する障害認定基準の改正(令和4年1月1日〜)

  • 視力障害について、従来の「両眼の視力の和」から「良い方の眼の視力」による認定基準に変更されました。
  • 視野障害について、従来のゴールドマン型視野計に基づく認定基準に加えて、自動視野計に基づく認定基準も創設されました。また、求心性視野狭窄や輪状暗点といった症状による限定がなくなり、測定数値により障害等級を認定するよう変更されました。
  • 視野障害についても1級および3級の認定基準が規定されました。

【参考リンク】
障害認定基準 ダウンロードURL(日本年金機構)
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/shougainenkin/ninteikijun/20140604.files/04.pdf