障害年金請求サポート-社会保険労務士よつばサポートオフィス

まずはご相談から

平日 10:00〜18:00

042-860-0134

夜間・休日もご予約いただければ対応します。

メールでのお問い合わせは

お問い合わせフォーム

〒194-0021 東京都町田市中町1-5-9 M’s SQUARE中町 2F

障害年金の手続きはお任せください!

障害年金の手続きは私にお任せください!

電話でのお問い合わせ

障害年金のサポートを始めて10年以上の実績!相談実績は2,500件以上

代表の私が最初から最後まで責任をもって対応します。

障害年金に関する著書多数!

産業カウンセラーとして親身にお話を伺います。

障害年金を受給したいけど、こんなことで悩んでいませんか?

 私も障害年金を受給できるのか知りたい。

 自分でやろうとしたけど…
・手続きが難しくて進まない。
・初診日の証明が取れない。
・具合が悪くて自分で手続きができない。
・自分で請求したけど不支給になってしまった。

このようなことでお困りの方は、ぜひご相談ください。
社会保険労務士である私が、あなたにとって最良のかたちで障害年金の受給権を得るためのお手伝いをします。

また、あなたの負担をできる限り少なくし、私で代理できる部分はすべて代理します。

医師や他の社会保険労務士に無理だと言われた場合も、状況によっては受給可能な場合がありますので、まずはご相談ください。

【相談無料!】
お問い合わせはこちら

はじめまして。社会保険労務士の加賀佳子です。

はじめまして。
社会保険労務士 よつばサポートオフィスの加賀 佳子(かが よしこ)です。

不動産営業職、保育士、企業の総務部で人事・庶務担当として勤務後、社会保険労務士・行政書士事務所に入所し、社会保険労務士業務全般を担当。
そのかたわら日本産業カウンセラー協会に所属し、主に解決志向ブリーフセラピーを中心にカウンセリングの研鑽も重ねてきました。
平成21年2月に社会保険労務士よつばサポートオフィスを開業。

裁定請求・不服申立て(審査請求・再審査請求)の代理件数、相談件数は2500件を超えます。
そのような活動の中でお声がけを頂き、社会保険労務士向け専門雑誌や書籍の執筆、研修講師も行っています。

社労士加賀佳子のこれまでの実績

プライベートでは、離婚や子どもの不登校を経験。
社会の中でスムーズにいかないことや苦労したこともあり、自分自身がマイノリティである感覚を持っています。
また、ひとりひとり違う人間が暮らすこの社会において、「障害ってなんだろう」という問いは常に自分の中にあり、そこにある差別や偏見を超えて、すべての人が幸せに暮らしていけるお手伝いをすることを目標にしています。
だからこそ、「本来は障害年金を受給できるのに、受給できずにいる人を1人でも減らしたい」と心から願って活動しています。
また、私自身がパニック障害で苦しんだ経験もあります。
人の心は、そんなに強くないと思うのです。
そのため、共感をもって相手の話を聴くことを心がけています。

寄り添う姿勢と専門知識で、障害年金の請求をサポートします。

①経験と様々な視点から総合的に考えます

社会保険労務士が障害年金の請求を代理する上で一番大切なのは、障害の状態が認定側(国)にしっかり伝わり、適正な認定がされるようサポートすることです。
障害年金は書面審査であり、請求方針や書類の内容により、受給
できる年金が大きく異なる場合が実は多々あるのです。
そのためあらゆる可能性をさぐり、ご本人にとって一番良いかたちで受給できるよう総合的に考えます。

②私が代理できる部分は全て代理します。

できる限り、依頼者様の負担を少なくできるよう、私が代理できる部分は全て代理します。
ただし、ご本人またはご家族にお願いしなければならないこともありますので、どの程度の労力や費用となりそうか、初回のヒアリングの段階で見通しをお伝えします。

③着手金以外に、日当や事務手数料などが生じることはありません。

所定の着手金には、通常の交通費、通信費などの経費を全て含みます。
着手金以外に日当や事務手数料などが生じることはありません。

④密に連絡を取り合いながら進めていきます。

随時、手続きの状況をお知らせし、密に連絡を取り合いながら進めていきます。
ご質問等にはできるだけ早くお答えし、依頼者様が不安を感じることのないよう努力しています。

⑤追加料金なしで不服申立てまで代理します。

適正な認定が得られるよう細心の注意を払いますが、それでも思わぬ結果になる場合もあります。
万一、不当と考えられる決定がされた場合は、追加料金なしで不服申立て(審査請求・再審査請求)まで代理します。

⑥受給後のサポートとして、初回更新時の診断書の点検には無料でご対応します。

受給後のサポートとして、障害の状態が重くなったときのご相談、
初回更新時の診断書の点検には無料でご対応します。


障害年金は、精神的にも物理的にも大きな支えとなることと思います。
そのお手伝いができたとき、私は大きな喜びと幸せを感じます。
それは、精神的にも物理的にも大きな支えとなることと思います。
そのお手伝いができたとき、私は大きな喜びと幸せを感じます。

まずはお気軽にご相談ください。


・裁定請求(通常の請求手続き)

相談料

無料

着手金

20,000円(消費税別途)

報酬

年金が認定された場合、次のいずれかを初回の年金支給後にお支払いいただきます(認定されなかった場合、報酬は発生しません)。
1,決定された年金額の2ヶ月分
2,初回年金額の10%

・不服申立て(審査請求・再審査請求)等についてはこちらをご覧ください。

料金/ご相談・ご依頼の流れ

【相談無料!】
お問い合わせはこちら

ご依頼者様の声をご紹介します。

統合失調症のご依頼者様からの声

お客様の声1

東京都のY・K様。傷病は統合失調症。
大学生の頃に発症した統合失調症により、非常に長い間苦しまれている方です。
初診日は20年近く前。転院を繰り返しており、ご自身でも過去の通院先をあまり覚えていませんでしたので、現存しているカルテなどを手がかりに通院歴を追い、整理していく作業からのスタートでした。
結果的には無事、初診日の証明ができ、事後重症で2級認定を得ることができました。

【Y・K様より】

家族がインターネットで障害年金の情報を検索し、ホームページ、ブログにたどりつきました。
ブログから先生のお人柄や仕事ぶりに惹かれ電話。障害年金請求予定の息子と一緒に先生の事務所に伺いました。
ていねいな対応、やさしい話しぶり、先生にすべてお願いしようと決めました。先生は一度として話を遮ったり、取って話をするということはなく、常に聞くという姿勢に更に信頼しました。人としての対応を勉強させられました。
連絡手段もメールでさせていただいたり、電話の際は時間を調整いただけ、仕事を持った私共には連絡が取りやすく、お願いもできる先生でした。
息子の件は先生にとっては、やっかいな依頼だったことと思い、恐縮しておりました。
初診日がみつからない、15年以上前の発病等々。それでも、私共の不安な気持ちに寄り添っていただき、何としても見つけるという力強い仕事ぶりがうかがえたこと、感謝のほかありません。
10年以上前に初診日があり、県をまたいで、いくつもの病院を受診、家族でさえも、どこの病院で、どの時期が初診日になるのか分からない、また、診療記録が残っていないなどの中、自分では絶対に請求にはたどりつけなかったです。
記憶が曖昧な中でも一生懸命対応していただけました。診断書依頼の際も一緒に同行していただき、医師に説明していただけたことは、とてもありがたく、心強かったです。
息子の病状もすぐに良くなるものでなく、長い付き合いが必要となるなか、将来の事など、不安材料が多かったですが、無事、受給でき、本当によかったです。焦らず見守っていこうと思っています。
ありがとうございました。

うつ病のご依頼者様からの声

お客様の声1

神奈川県のY・K様。傷病はうつ病。
長時間労働や職場の人間関係などのストレスが主因となりうつ病を発症、波はあるものの、現在も自宅で療養中。
障害年金は7年ほど前の障害認定日に遡って3級認定、裁定請求時で2級改定となりました。

【Y・K様より】

事前におおまかに制度について調べていましたが、先生のご説明ではっきりと理解できました。
また、インターネットでは知りえない情報も教えていただき、信頼できる先生であるという印象を受けました。
障害認定日頃の自分の状態を伝えるのは、過去の自分と向き合っていかなくてはならず、困難な作業でした。
けれども、私のまとまりのない話が先生の手によってわかりやすい文章にまとめられて、病歴・就労状況等申立書を確認した瞬間、先生にお願いして良かったと心から思いました。
メールや電話にはすぐに対応して下さいましたし、こちらから投げかけた質問に対しても、一般論ではなく私の状態を考慮した上で答え、アドバイスを下さりました。
更新の際もチェックして下さるとのこと、とても心強いです。

頸髄腫瘍のご依頼者様からの声

お客様の声1

東京都 Y・H様。傷病は頸髄腫瘍。
頸髄腫瘍の後遺症による肢体の感覚麻痺で障害厚生年金を請求したところ、不支給決定が出てしまいましたが、審査請求により当初の決定がくつがえり、3級認定されました。

【Y・H様より】

受給となりましたこと感謝申し上げます。ありがとうございました!
障害者手帳における等級の低さ(6級)から、他の社労士さんには一蹴されていたため、お話を聞いて下さっただけでもありがたかったことを覚えております。
手続き開始から受給まで色々とあり、時間もかかりましたが、最初から最後までご丁寧にご対応いただきました。
今後ともお世話になりたいと思います。

ご相談から受給までの流れ

  • STEP.01 お電話やメールによる無料相談

    傷病名や主な症状、年金の加入状況や保険料の納付状況等、概要をお伺いした上で、障害年金の受給可能性について、ある程度ご提示します。
    初診日など状況を確認させていただきながらの方が、お話がスムーズに進みます。

    メールでご相談いただく場合は、電話連絡の可否をご記入いただけると助かります。
    ご相談は無料です。

  • STEP.02 対面による相談

    お電話かメールで受給可能性があると判断した場合、原則として対面により、医師の診断や意見、治療の経過、自覚症状、就労状況、日常生活の状況等について、より詳しくお話を伺い、請求方法や手順、見通しなどについてご説明します。

    ご来所いただくほか、こちらからお近くまでお伺いする出張相談もございますので、ご希望をお伝え下さい。
    遠方の場合、お電話等でご相談をお受けすることも可能です。

  • STEP.03 請求手続き

    対面でのご相談の結果、請求手続きをご依頼いただく場合、まずは委任状をいただき、当方にて保険料納付要件の確認と、請求に必要な書類の取り寄せを行います。

    保険料納付要件が確認できましたら、具体的な請求手続きに入ります。
    ひとつひとつ、ご説明と確認をしながら進めていきます。

    なお、認定された場合の報酬につきましては、実際に年金が振り込まれてからお支払いいただきます。

【相談無料!】
お問い合わせはこちら

最後に

病気や障害のことなどデリケートな内容ですので、話しにくいこともあると思います。
ご相談内容が外部に漏れることは決してありませんので、迷ったらまずは気楽にご相談ください

まずはお気軽にお問い合わせください!

  • ご相談やお問い合わせは、お電話をいただくか、下記メールフォームに必要事項をご記入の上、送信して下さい。お電話・メールによる初回のご相談は無料です。
  • お電話をいただいた際、社会保険労務士が不在または面談中などで、折り返しのご連絡とさせていただく場合もございます。ご了承下さい。
  • 社会保険労務士には厳重な守秘義務が課されています。ご相談内容が外部にもれることはありません。安心してお問い合わせ下さい。
    当事務所の個人情報保護方針については、こちらをご覧下さい。

障害年金の対象となるご本人についてご記入ください

お名前必須
性別必須
生年月日必須 年  月 
傷病名
初診日 だいたいでもわかる場合はご記入下さい
年  月 
主な症状・経過など
自由記入欄 お問い合わせ、ご相談内容などご自由にご記入下さい。

続いて、ご相談者様についてご記入下さい

お名前必須
住所必須 -
ご住所

マンション・ビル名
電話番号必須
電話連絡の可否
メールアドレス必須
ご本人との関係


電話でのお問い合わせ