うつ病で、何年も働けずにいます。主治医に障害年金の受給を相談したところ、うつ病では障害年金は無理だと言われ、とても困っています。

うつ病も障害年金の対象になります。うつ病の病相期があり、症状が持続したり、または頻繁に繰り返すために、就労や日常生活に著しい制限があり、この状態が今後も1年程度は続くと思われる場合には、障害年金を受給できる可能性が十分にあります。主治医の先生が誤解されている場合もあると思いますので、再度お話してみるか、障害年金を専門とする社会保険労務士にご相談下さい。

本来、働ける状態ではないのに、経済的な焦りから無理して働こうとして症状が悪化し、結果として症状が長期化しているといったケースに、これまで多く出会ってきました。障害年金を受給することで、まずは安心して療養に専念し、少しずつ社会復帰をめざすという点でも、障害年金の果たす役割は非常に大きいと考えられます。