神奈川県 Y・H様

【概要】
公務員として勤務していたところ、うつ病を発症。服薬しながら長い間頑張ってこられましたが、症状が悪化して退職。その後も消長を繰り返し、アルバイトを試みたりしながら治療を続けられています。初診日が20年ほど前にあり、最初のクリニックは廃院、その後に受診した先でもことごとくカルテが廃棄されており、6番目に受診されたクリニックにようやくカルテが残っているという状態でした。初診日探しに難航しましたが、小さな証拠の積み重ねによりどうにか証明に成功し、事後重症で3級認定を得ることができました。

【アンケート】
(ご説明等について・改善してほしい点など)
ご説明いただき、十分理解した(私の理解力に難ありですが・・・)と思います。連絡もマメにいただいて、進捗状況も把握でき、とても助かりました。ドクターストップで自分に収入がなくなり不安でしたが、先生に親身になっていただけて心強かったです。

(請求手続き・サポート内容等を通じて)
仕事をみつけてしばらくやっては倒れて失職する日々を過ごしており、「仕事が(短期間でも)できるのだから障害者ではない、年金なんてもらえない」と思いながら20年近く経ってしまいました。初診日の記録が無く、また私の記憶もあいまいで、先生に相当お骨折りいただいてしまいました。とても感謝しております。