障害年金請求サポート-社会保険労務士よつばサポートオフィス

まずはご相談から

平日 10:00〜18:00

042-703-0281

夜間・休日もご予約いただければ対応します。

メールでのお問い合わせは

お問い合わせフォーム

〒194-0215 東京都町田市小山ヶ丘3-22-6-101

ガン、難病、糖尿病、うつ病など…
障害年金は、ほぼ全ての病気やケガが対象となる
大切な所得補償です。

障害年金は、老齢年金や遺族年金と同じ公的年金です。

先天性の障害や、病気や怪我で一定の障害が残った場合はもちろん、がんや難病、内臓疾患、神経疾患、脳疾患、精神疾患、運動機能障害など、長期にわたる治療や療養のため、仕事や日常生活に困難がある場合に、一定の要件を満たせば受給できます。

障害年金は、請求しなければ受給することができません。ところが、制度自体が広く知られていないこと、誤解が多いことなどから、多くの請求もれがあるのが現状です。

専門的なノウハウで
障害年金の請求をサポートします。

障害年金は、制度が複雑で理解しにくく、手続きも煩雑です。また、書面審査のため、どれほど障害の状態が重くても、その状態が提出する書類に示されていなければ、受給できなかったり、実際の状態より軽い等級で認定される場合があります。また、認定はされても、手続きに時間がかかることによって、その分、受け取れる年金が減ってしまったり、請求方針や請求内容により、結果が大きく変わってしまう場合もあります。

当事務所に寄せられる相談は、「障害年金の対象になるのかどうか全くわからない」「医師に無理だと言われた」「役所で難しいと言われた」「初診日の証明が取れず、先に進めない」「自分で請求したが不支給になってしまった」など、様々です。

あきらめず、まずはお気軽にご相談下さい。最良のかたちで受給権が得られるよう、最大限の努力を致します。

事務所近況

2015年10月23日〜25日 日本法令主催 「最新!事例に学ぶ 障害年金請求代理業務 集中マスターゼミ」

昨年も開催され好評だった「集中マスターゼミ」の第2弾。今年は「さまざまな請求手続方法」(イレギュラーなケース)と、障害年金業務では最も複雑とされている「併合」を担当(緊張しました・・・)

集中マスターゼミ2015

昨年に引き続き、全国からたくさんの社会保険労務士の方が参加して下さいました。ありがとうございました!

2015年8月29日 障害年金サポート公開講座「社労士だからできること」

東京都社会保険労務士会多摩支部の自主研究グループ「障害年金サポート」で初めての公開講座を開催し、講師の1人として、「精神障害と就労」をテーマに、不服申立て事例を中心にお話させていただきました。

2015_0828_161849-IMGP3337

公開講座には、社労士を中心に、全国からたくさんの方が参加して下さり、会場は満席!参加下さったみなさま、ありがとうございました!

一覧はこちら